トップ / インプラントは自然な歯

インプラントは自然な歯

インプラントで噛む

人工歯根

インプラント治療の利点

歯を失ってしまったままの状態にしておいてしまうと、残った歯が歯がない部分に倒れこんでしまうことで、歯のかみ合わせが悪くなってしまうことがあります。歯のかみ合わせが悪くなってしまうと顎関節に負担がかかってしまうので、顎関節症を発症したり、歯並びが崩れてしまうことで、虫歯や歯周病が進行してしまう原因にもなります。このため、インプラント治療を行って、なくなってしまった部分の歯をインプラントで埋め合わせ、人口の歯を設置することが大切です。

インプラントは強い味方

子どものころから虫歯などに悩まされていると、「将来、歯が少なくなったらどうしよう」と思ったことがある人も多いのではないでしょうか。特に歯は肌や爪と違い、再生して何度も入れ替わるものではありません。インプラントは、万が一歯を根元から失った場合、人工歯根と人工歯(表に見える白い部分)を埋め込んで代わりを果たすものです。人工歯は本物そっくりで、見た目の違和感もありません。思わぬ事故やケガで歯を失ってしまった…と言う場合も、インプラントがあればと心丈夫にいられますね。

↑PAGE TOP

© Copyright インプラントに関して考えよう. All rights reserved.