トップ / インプラントのしくみについて

インプラントのしくみについて

インプラント基本構造

人工歯根

インプラントの3層構造について

インプラントの基本的な仕組みは、以下の3つの部分から成り立っています。順に挙げると、まず歯肉部の骨に埋め込んで吸着させて土台部となるフィクスチャーがあります。次にフィクスチャーと人工歯の仲立ちとなる部分で全体の支えともなるアパッチメントが挟まります。そして、最上部で歯と同等の働き・審美性を齎す被せものである人工歯の3つとなります。3層構造になる理由はまず、各部位が別れている事で互いに掛かる力が分散し、耐久性が高まる事が挙げられます。また力の掛り方自体も自然の歯のそれと近くなり、自然な咬みあわせを実現出来ます。さらに一部が傷んでしまった場合に、当該箇所を換装するだけでインプラントの機能性を維持出来る事も大きな理由となっています。

インプラントの仕組みとは?

歯科医で行うことのできるインプラント治療法とは、歯がなくなってしまった部分に代わりに人口の歯を埋め込む治療法です。その仕組みは歯を失って空いてしまった部分の顎の骨へ穴を開け、金属製の人工歯根を埋め込んで固定し、その上に人口の歯を固定するというものです。埋め込む歯の材質はそれぞれの患者のニーズに合わせて、金合金やセラミックなどから選ぶことができます。 また、顎の骨を利用することでインプラントをしっかりと固定することができるので、埋め込んだ歯が浮いたりずれたりすることもなく、しっかりとした噛み心地を実現する事が出来ます。

↑PAGE TOP

© Copyright インプラントに関して考えよう. All rights reserved.