トップ / インプラントは術後も大事

インプラントは術後も大事

インプラント術後は

人工歯根

インプラント後のケアの重要性

インプラントは施術後のケアが重要になり、それによって寿命に大きな違いが出て来ます。そのため施術後は丁寧な歯磨き指導や歯医者での定期健診が必要になり、自分で管理ができない人は施術を断れる場合もあります。口腔内にプラークが溜まり不衛生になると歯周病と同じようにインプラント周囲炎が発症しやすく、顎の骨まで炎症が進み、最悪な場合には脱落してしまう事もあります。定期健診の時期は歯医者や患者の状態によって違いがありますが、歯茎や噛み合わせのチェック、クリーニングなどを行います。自宅での充分なケアと定期健診は大切なので、必ず歯科医の指示に従うようにします。

手術のあとのケアについて

インプラントは顎の骨に人工歯根を埋め込むため入れ歯のようにぐらつき感がなく、またブリッジのように隣接する歯に固定することがないので周囲の歯に負担をかけないという点で人気が高いです。しかしインプラントを入れた後も毎日のブラッシングや歯科医師による定期健診といったケアは不可欠です。というのも人工歯の場合、骨との間に細菌から歯を守る歯根膜がないため傷みやすいという特徴があります。そのため毎日のブラッシングケアによる汚れや細菌の除去により、歯をを守ることが重要となります。また定期的に歯科医師のチェックを受けることで歯周病などにより人工歯が抜け落ちるのを避けることができます。

↑PAGE TOP

© Copyright インプラントに関して考えよう. All rights reserved.